PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北・関東大地震 栃木の状況

3月11日 午後3時頃
大きな揺れを感じる

アパート室内にいたので収まるのを待つ
揺れの最中、停電してしまう
揺れがかなり大きくなり
倒壊の恐れを感じて外の駐車場へ出る

周辺の住民も同じように外に出ていた

栃木市内ほぼ全域停電か

信号も消え交差点ではそれぞれの進行方向へ進もうとする
車が入り乱れ道交法など機能せずといった様子

警官も人数不足で誘導する交差点、しない交差点がある

電話やiモードもつながりにくい状況になる

外界の情報から遮断されてしまったために事態の深刻さを
この時は知らなかったので
時間が経てば収集するだろうと楽観し、仮眠する

午後7時頃起床

窓の外を眺めるが暗い
今日中の復旧は無理かもしれないと諦める

近所に住む恩師が心配して巡回に来てくれた
市内の別区域、箱森町がインフラ無事と聴き
そこにすむ知り合いの家へ午後8時に転がり込み
TVを見て事態の深刻さ、重大さをようやく知る
このあたりも震度6強の揺れだったらしい
知り合いは知り合いで
市内で停電がおきていることを伝えたら驚いていた

二人で近所のスーパーへ向かい備蓄を探すも
すでに後手

電池やパン、ミネラルウォーターは売り切れ

飽食社会と言われることもあるが今日はそれに素直に感謝した
簡単に食べられるものとジュースを買い
ともあれ栃木県北部地域の実家へ移動開始
知り合いは茨城の実家へ
沿岸部ではないようだが大丈夫だろうか


信号機の消えた道路を走行
ガソリンスタンドには長蛇の列が出来ている
ラジオをつける
高根沢や真岡は停電に加え断水まで起きているらしい

地区により電気が来ているところもある

途中逆面(さかずら)のコンビニに寄るも
商品棚はすかすかである

しかし河内やさくら市から北に来ると
あまり地震の影響は見られない
壁が崩れ道路に落ちている家があったがそれだけだった

10時過ぎ実家到着
家族は就寝済み
インフラはすべて無事で特に被害はない模様で安堵する

そして現在TVを眺め被害状況を確認中


というわけで久々の更新がこんな内容になるとは思わなかった
今後の余震でもマグニチュード7クラスがあるかもしれないとのことで
備蓄はしておいたほうが良さそうだ

数日は物資の面で生活が混乱しそうだ
帰宅難民となっている方がかなり出ている
緊急出動が続くが病院などかなり状況は厳しい
原発も停止

実家にいる間はインフラの心配はないのだが
アパートにはいつ戻れるか
生活インフラの回復が早急に望まれるが
被害地域が広すぎてままならない
各国からの支援もあるが
地域社会のボランティアが重要になりそうだ

| 日記 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://wwwbank.blog76.fc2.com/tb.php/235-3714749d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。