PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実際のところ面白いブログってなんなのよ

面白いブログ

実に抽象的ではあるが、絶対の響きをもったこのテーマ

今まで飽きれるくらいに問答が行われ
web上には様々な回答が氾濫している

そもそも

面白いブログってなに?

当たり前だが万人に受けるようなものは存在しない

なるべく多数の支持を受ける、それが面白いブログなんだろうか
少数でもニッチな需要を満たすのは面白いブログではないのだろうか

ブログを始めたばかりの人間がまず考えるのは
やはり書くからには多くの人に記事を見てもらいたいということ

コメントよりもまずとにかく多くの人の目に触れてほしい
そうした思惑から
ブログ アクセスアップ 人気 などと言ったキーワードが検索上位にあがってくる
でも、多くの人の目にいきなり自分のブログが目に触れることはない
簡単にいえば中身が伴っていないからです
では、中身はどうしたらいい?

正攻法だからこそよく言われているのが
「いい記事を書け」です

十中八九、多くの人が良い記事ってなんだろうと
悩みに陥るところでしょう

それはそうでしょう
おそらくこうした回答をだしたブロガー自身も
面白いと思って書いたエントリーを狙って当てる事は出来ていないでしょうから

では、面白いってなんだろうか?

専門家ではないので間違っていたらお詫びしますが
面白いというのは言い換えてしまうと
感動 になると思います

喜怒哀楽のどれかの感情を揺さぶられるとそれは強い印象として残ります

自分のブログの否定にもなってしまいますが
単なる日記で、今日はいい天気でした、買い物しました
と内容では多くの人は興味関心をもってはくれません
それどころかつまらないブログとして
次回からはタイトルをみただけで避けてしまうようになるだろう

ああ、このブログはもういいやと

(芸能人ブログは別格ですよ)

かつて侍魂というテキストサイトが人気を誇っていました

そのサイトは管理人の日常であったことを
これでもかこれでもかと脚本化し(面白いように構成し修飾するという意味で)
文字の大きさや行間などにより
読み手を引き込む工夫を凝らしたサイトでした

(たまに日常それはないといいたくなるような
 突拍子もない体験記もありますが)

下へ下へとスクロールし読んでいるうちに
この後どうなるんだろう?といった興味を引き出し
読み終えたときには、ああ面白かったと言わせる程に
読み手を満足させています

創意工夫によって読み手を満足させる
喜怒哀楽の喜・楽を満足させるタイプのサイトでした

逆に怒・哀ではダメなのかという意見もありそうですが
これはこれでアリでしょう

ただ、哀はともかく怒は難しいと思います

良くあるのは人の中傷に走り易く
根拠のない内容が目に付き易いサイトです
同じような思想を持った人たちで固まり易くなり
新規の人は当然入ってきません
そんなものすごく読んで気分の悪い
あるいは腹の立つサイトがあったとします

どうでしょう?
サイトを閉じた瞬間それを忘れる事ができますか?

おそらくできないでしょう

人間、嫌な思いほど簡単に忘却できないように出来ています

良くも悪くもあえて汚い言葉を使って相手を罵倒したり
中傷したりすることも注目を集める手法の一つではあるようです

こうした内容の場合、当然コアな読者層が残るだろう

話が長くなりましたが言いたいのは
・奇抜な面白さは不要だということ
・それと自分の得意ジャンル、得意なテーマを
 じっくり掘り下げていけばいいのではないか
・いきなり有名人にはなれません、時間をかけましょう

ということです

で、長々と書きましたがここまでは
実際web上に面白いブログとはなんぞやってことで
書いてあったりすることです

偉そうに書いて申し訳ない

ちょっと違ったアプローチをすると
何が嫌いか、気に入らないかを語るブログより
自分が好きな事、興味のある事、良かった事
これらを述べる方が好かれます

そうではないでしょうか
毎日不平不満ばかり述べている人よりも
自分からなにかアクションを起こす人のほうが話題の中心になりやすいものです

とはいえ、いきなり大手ブログにリンク申請してねとか
そんなことではありませんのでご注意ください

日常生活を思い起こしてください
食事に何を期待しますか?
たとえ腹が膨れればなんでもいいという人でも
外食して美味しい料理を食えば嬉しい顔をします

あの料理美味しかったなぁと
思い返す日もくるはずです
これがリピートの元です

不味いお店にもう一度行きたい
そんな人はまずいません
ですが、これに極端に安いから我慢していく

そういう場合もあります
これは味という喜びのほかに
安いという価値・属性がついたからです

人の関心を引く方法は一つではないという事です

自分に合ったブログの方向性に気づく事

アクセスを増やす前にまずこれをやらなければならないのではないでしょうか

面白いブログを考え、エントリーにまとめるうちに
自分なりの方向性を考える事ができるんじゃないでしょうか

漠然と「面白いブログ」「人気ブログ」について
考えるのは時間がもったいない

自分が面白いと思う事をまずはかき集めてみましょう
それらをまとめ推敲すれば
良い記事が書けるかもしれません

使い古されたテーマではありましたが
このエントリーを書いていてなんとなく
方向性が見えたような気がします

乱文雑文失礼しました

| ブログネタ | 22:10 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんだか心が重くなってしまいました。
ブログに自分の書きたいこと書いてるだけなんで、あまり難しいこと考えてなかった。

深く反省。でも何も変わらないかも・・・。

| 月 | 2010/04/19 11:27 | URI | ≫ EDIT

僕も思った事を書きなぐりしたようなものですから
あまり気にされないで下さい

ブログ続けるには自分の書きたいことやりましょうよって
事ですから今のままで何の問題もないですよ

あまり真剣に読まれると僕が恥ずかしいです(笑

| こつこつどかん | 2010/04/19 18:52 | URI |

こつこつどかんさん ありがとうございます。

統一性の無いブログですが、たまに遊びに来てください。
月もまたお邪魔します。

| | 2010/04/20 13:32 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://wwwbank.blog76.fc2.com/tb.php/34-d9a04e1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。